まずは少しずつの運動から始めよう

やはり肥満の原因といえば、有名すぎるのが運動不足だと思います。
毎日車で通勤したり、会社の中での移動はエレベーター使ったり、もちろん電車を使ったりと移動距離を長いのですが実際体動かしている量はとても好きなのです。なので、あえてスポーツジムに通ったりして体動かす方が増えているのでしょう。

どうして、体を動かすことが大切なのでしょうか?それは摂取し過ぎてしまったカロリーを消化することです。

できることから始めよう

運動でメタボ対策食べ過ぎてしまったカロリーは、そのままにしておくからこそ内臓脂肪として残ってしまうので、しっかりと消化さえすれば太ることはないのです。また、運動によってしっかりと筋肉をつけることで、基礎代謝量が上がり、たくさん食べてもそこまで太らなくなるのです。

そのために、突然ジョギングを始めたりするのは体にとって逆効果になるので注意しましょう。また急にきつい運動を始めることで、思っている人に体に負担がかかったり精神的に負担がかかり、スポーツするのが嫌になったりします。なのでできることから始めましょう。

歩くのが簡単

一番簡単なのは、やはり通勤時に少しでも多くの距離を歩くことです。一駅前で降りて歩くのがよい、といわれますが、これでもかなりの量だと感じる方がいるかもしれません。
その場合は、仕事帰りに少し遠回りをして歩いたりしてみてはいかがでしょうか?急にたくさんの運動を始めるべきではありません。少しずつ量を増やしていけばよいのです。その少しの運動の差はのちに大きな差となりますよ。

コメントを残す