メタボの原因は欧米化した食事

やはり、メタボの一番の原因となっていものが、やはり食事といわれています。
毎日、カロリーの高い食べ物を食べたり、野菜の摂取量が少なかったりすると、いわゆる血液がどろどろになってしまうのです。その結果、どろどろの血液が体にとって引き起こすことはかなり重篤なことが多いです。

動物性のタンパク質が多い

動物性タンパク質の多い食事その原因となっているのか、やはり食事の欧米化だとよばれています。一昔前だと、野菜中心だった私たちの食生活でした。しかしここ最近の食事といえば、お肉や卵などの動物性のタンパク質を中心とした欧米から食事がほとんどです。
朝から、卵焼きを食べお昼にはカツ丼を食べ、そして夜にはお魚の刺し身で晩酌をする。このように食事の基本は動物性のタンパク質となってしまっているのです。

野菜を摂る

本来ならばその動物性たんぱく質を摂取した数倍の量の野菜を摂取することが大切ですが、実を言うと毎日の生活の中での野菜の摂取量はどんどん減っているのです。その結果として私たちの食事はカロリーが高すぎ、使われなかったカロリーが響体に蓄積していくのです。
まずメタボ対策としてできることは野菜を多く取ること、動物性蛋白質を減らすことが大切です。
野菜は、生野菜で摂取しようとすると大変ですか、スープにしたり、焼いたりすると量がとても減るので食べやすいですよ。

コメントを残す