タバコとお酒がメタボの原因かもしれません

また、お酒やタバコというったし好品もかなりメタボに影響してるといわれていますね。それはどうしてでしょうか?

たばこ

まずたばこは、もちろん肺をとても汚してしまいますね。
ずっと煙草を吸い続けている人の肺を見たことがあるでしょうか?ふだんだったらピンク色のきれいな色をしているはずなのに、真っ黒になってしまっていますね。また、たばこを吸うと血液が収縮してしまいます。その結果として、血液の流れがとても悪くなるのです。それが原因になり動脈硬化や血管自体に障害を引き起こしてしまうことがあるのです。

また煙草の煙の中にたくさん含まれる物質が悪玉コレステロールの変性を促してしまうのです。その結果として動脈硬化になるともいわれているのでぜひたばこはやめた方がよいですよ。

お酒

お酒はメタボの敵お酒を飲む方もとても多いと思います。しかしやはりお酒を飲み過ぎるととても感動に負担がかかります。また肝臓に沢山の脂肪がついてしまうこともあるので、できる限りお酒は適度な量に抑えるべきなのです。当たお酒をとてもカロリーが高く脂肪に変わりやすいので肥満の原因となってしまいます。

お医者さんに相談

これらのたばこやお酒はし好品としてこのまれることも多いですが、変えないと、リスクも高いのでできる限り減らしていく方がよいでしょう。
もしもどうしても減らせない場合は、しっかりとお医者さんに相談をして指導していただく方がよいと思います

コメントを残す