メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームまたはメタボという言葉をこの時代だと誰でも聞いたことがあると思います。脂質や炭水化物の摂りすぎや運動不足になりがちな中高年に多いです。

メタボとメジャーこれは一般的に、内臓型肥満や高脂血症、高血圧、高血糖の四つのうちの二つ以上を症状がある場合にメタボリックシンドロームというのです。診断方法としては、血圧を測ったり血液中の中性脂肪の量を測ったり、血糖値を測ったりということが一般的です。

血液中の値はちゃんと調べてみなければわかりませんが、一般的に言われている男性だったら90センチ以上、女性だった80センチ以上のウエストの大きさによってだいたいは分かるといわれています。もしもあなたの腹部の回りが 90センチ以上、もしくは80センチ以上あった場合は要注意です。

メタボ対策

どうしてこれらの症状があると体にとって良くないのでしょうか?これは、それぞれ単体でまた、軽い場合は特に体にそこまで大きな影響がないのですが、どんどん進行していくと体にとって重篤な疾患を起こすことが考えられるからです。

メタボ対策またそれぞれが複合的に絡み合うと、取り返しのつかないことになりかねません。可能性があるからこそ、早い段階で改善しようというのがいわゆる「メタボ対策」です。

メタボ対策と言っても、実は、薬を飲んだりするわけではなく基本的に生活習慣の改善が目的となっています。

適度に運動をしたり炭水化物を控えたりといったことで、なにもハードなダイエットをする必要は無く、手軽にできることから始めましょう。

今までずっと続けてきたことかなければいけないので、たくさんの方が苦労されるかもしれませんが、実際に生活習慣を変えてみるととてもよかったという方が多いのでぜひ実践してみて下さい。

酵素でメタボ対策

酵素不足の結果として起こることは冷え性、疲れやすさ、睡眠の問題、肩凝りが起きたり、頭痛が起きたり・・・という事が起こるのです。
どれも中高年の男女が感じている不調ではないでしょうか?
私たちが日ごろ感じている不調の原因は実は酵素不足ということが十分に考えられるのです。

だからこそ、酵素を毎日、積極的に摂取することにより、これらの不調が改善するのと共に、体の機能がアップしていくために、最終的に体の脂肪の燃焼もしてくれるようになるのです。

不足しがちな酵素を補ってメタボ対策してみませんか?

炭水化物抜きダイエット?

炭水化物の摂りすぎはメタボの原因になってしまいます。しかし、炭水化物は5大栄養素の一つに数えられる大切な栄養素です。

炭水化物抜きダイエットというダイエット方法がありますが、これは危険なダイエット方法です。確かに炭水化物を食事から抜くことで効率的に脂肪を燃焼することが出来、早いダイエット効果を感じることができるでしょう。

しかし、炭水化物を抜くと体に大きな負担を掛けてしまいます。

糖尿病の治療では否応なしに炭水化物の摂取量を制限させられます。でも抜くということはありません。体にとって必要不可欠な栄養素だからです。

早く痩せられるからといって、炭水化物抜きダイエットはやらないことをオススメします。

コメントを残す